COVID-19感染予防対策

会場内での感染予防対策|お客様へのお願い
1.ご来場時は必ずマスクの着用をお願いいたします。
※マスクをお持ちで無い方はハンカチやタオルを使用してください。

2.発熱、咳、全身痛等の症状がある場合はご来場をお控えください。

3.開催当日、運営スタッフ、入場者、会場に出入りするすべての方に、非接触体温計による検温を行わせていただきます。
会場入場時に体温が37.5度以下の場合、証明のリストバンドをお渡しします。リストバンドがなければご入場できません。
また37.5度以上の発熱がある場合、ご入場をお断りさせていただきますので、予めご了承ください。

4.入場時の手洗いの励行をお願いいたします。

5.消毒の徹底
お客様が間接的に接触する可能性のある個所(座席やテーブル、飲食物の受け渡し場所など)はイベント前、イベント開催中にも可能な限りアルコール消毒液を行います。また、随所にアルコール消毒液を設置しておりますのでご利用ください。

6.座席間の空間の確保
各席は升単位、もしくは席単位で1m以上の感覚を開けて設置しております。
※飲食店などの購買場所は1m単位でソーシャルディスタンス線を用意しますので、遵守していただくよう、お願いします。

7.混雑コントロールの実践
お客様の導線検討や、会場内における運営関係者の動き、トイレや待合所など人が溜まりやすい場所の 管理など、状況に応じて人の動きをコントロールするよう実践いたします。
密な状態になる可能性のある場合は移動をお願いすることもございますので予めご了承ください。
また、関係者の人数を最低限にして運営、会場によっては来場者数の限定などの措置も行います。

8.ご来場の際に氏名・住所・連絡先をご記入いただきます。
※いただいた個人情報は新型コロナ感染症対策にのみ利用いたします。また、記入後1ヵ月で完全に廃棄いたします。

9.換気の徹底
室内会場の場合は30分に一度、5分間の換気を行いますのでご協力をお願いいたします。

10.会場にて万が一体調が悪くなった場合は我慢なさらずに速やかにお近くのスタッフにお声がけください。
※体調が悪そうな方にはスタッフがお声がけし、入場をお断りする場合がございます。

11.入管法に基づく入国制限の対象となっている地域から日本への入国後14日間経過していないお客様は、ご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
 ※ 参考:水際対策の抜本的強化に関するQ&A|厚生労働省
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

スタッフの感染予防対策

1.スタッフは必ずマスク、場合によっては手袋も着用いたします。

2.スタッフはイベント開催一週間前から毎日の検温を行い、体温、体調などに問題のないメンバーにて運営いたします。

3.会場入場時、または開催中の定期的な手指の消毒を徹底します。

4.スタッフはお客様と接触しない接客を実施します。

運営

1.感染予防対策の事前周知
ウェブサイト、SNS、プレスリリースなどで、上記の感染予防対策を来場者、運営関係者に事前周知する。

2.サインや立ち位置シールの設置
会場のスペースにより、予め人が密集し得る場所を想定し、行列ができる際のソーシャルディスタンスを保つためにサインや立ち位置シールを設置する。大きな声を出せない分、サイン掲示をすること、アナウンスをうまく利用することで来場者自身にソーシャルディスタンスを心掛けてもらう雰囲気をつくるようにする。

3.体調チェック
イベント一週間前からの運営スタッフの体調チェック、また当日の検温による来場者の体調チェックを徹底する。

4.感染予防資材の準備
非接触型体温計、消毒アルコール、消毒ハンドソープ、フェイスシールド、ゴム手袋や、マスクを用意。

5.人数コントロール
会場の大きさにより密にならない来場数を設定する。

6.会場での受付
デジタルを活用した受付など、来場者とスタッフの物理的接触をなるべく減らす受付を実施する。